無料ブログはココログ

« 四国遍路70 第64番 前神寺 | トップページ | 四国遍路72 雲辺寺ロープウエイ »

2017年3月20日 (月)

四国遍路71 第65番 三角寺

64番前神寺から約47km、伊予の国(愛媛県)最後の札所 第65番 三角寺までは、三角山(海抜450m)の山道をたどり参道入口からさらに73段の石段を登ります。

03652015_11_291642new

03652015_11_291644new

石段の頂上には梵鐘がつりさげられた山門が建っています。

03652015_11_291645new

03652015_11_291647new

鐘を一つ打ち、境内へ。

03652015_11_291649new

天平年間(729~49)、聖武天皇の勅願によって行基が弥勒菩薩のいる浄土に模して開創しました。

弘仁6年(815)、来錫した弘法大師が本尊である十一面観音菩薩を刻み、三角の護摩壇を築きました。

ここで、21日間の降伏護摩秘法を修せられた後、四国65番札所と定めました。

寺号は三角の護摩壇に由来します。

嵯峨天皇は本尊を厚く信仰し、寺領三百町歩を下賜、さらに七堂伽藍を建立されました。

03652015_11_291650new

03652015_11_291652new

本堂です。

天正9年(1581)、長曾我部の兵火にあって、本尊以外の一二坊が焼失しましたが、嘉永2年(1849)に再建されました。

03652015_11_291653new

03652015_11_291655new

以来、伊予の国最後の関所寺として知られています。

こちらは大師堂です。down

03652015_11_291658new

03652015_11_291659new

03652015_11_291660new

03652015_11_291661new

03652015_11_291663new

山寺らしい静かな佇まいを見せています。

御本尊は子安観音、厄除観音として信仰されています。

妊婦が寺の庫裡にある杓子を密かに持ち出し、出産のとき床下へ置くと安産できるといわれています。妊婦の杓子持ち出しも、寺のものは見て見ぬふりをします。安産すれば婦人が新しい杓子を持ってお礼参りに来ます。祈祷を受けた妊婦には、腹帯とお守りが授与されます。

山門そばには山桜の古木があって、俳人小林一茶がその桜を見て…

「これでこそ登りかひある山桜」とよんでいます。

ここまでで40番から65番までの26寺、四国遍路では一番多い菩提の道場が終わりました。

これからはいよいよ讃岐23寺、涅槃の道場に入ります。

« 四国遍路70 第64番 前神寺 | トップページ | 四国遍路72 雲辺寺ロープウエイ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577526/65043190

この記事へのトラックバック一覧です: 四国遍路71 第65番 三角寺:

« 四国遍路70 第64番 前神寺 | トップページ | 四国遍路72 雲辺寺ロープウエイ »